高い安全性の対価

無農薬野菜は農薬などの薬品を使っていないものを言います。
昔ながらの自然に近い状態で育てた野菜です。
ですから、口に野菜を入れた時に余計な農薬を体内に入れることがない安全な食べ物です。

農薬だけではなく、土壌の消毒を行わないだけではなく、肥料として有機堆肥を使うまで徹底した純粋さが安全性を高めています。
昔ながらというのは、まだ農薬等を使わず、自然な堆肥だけで育てることになります。
ですから、簡単に科学的なものを使用するよりも手間暇がかかり価格も高くなっています。

最近ではスーパーなどでも無農薬野菜のコーナーがあり、他の野菜と分けられて置いてあります。
価格も高めですが、栄養価・安全性が高いだけではなく、味も良いのが特徴です。
ただ、大きさが小ぶりであったり、形がいびつなものが多いでしょう。

農薬を使用する目的は、野菜が病気にならないためですが、形が揃っていて、ある程度の大きさを保つためです。
その方がディスプレイ的に良く、見た目もキレイにしなくてはならないという理由があります。
そして、安定供給のためには、農薬や化学肥料の存在は無視できないとされています。

無農薬野菜の場合、デメリットとしては安定供給の保証がないことと、形や大きさが揃わない部分です。

家庭菜園で穫れる程度のものもありますが、だからこそ安全な野菜であるといえるでしょう。
今でこそ農薬野菜が当たり前で、無農薬野菜は贅沢品ですが、視覚の大切さではなく、体にとってどちらが良いか、それは個人の判断によります。

Copyright © 2014 無農薬野菜と安全性 All Rights Reserved.